お客様や社会にとって、存在価値のある企業であり続けよう 丘山産業株式会社

群馬県邑楽郡大泉町吉田1221
0276-63-1155
0276-62-2484

会社概要

会社概要

社名 丘山産業株式会社
代表者 代表取締役社長 原田 良一
設立 1947年(昭和22年)1月18日
所在地 〒370-0523 群馬県邑楽郡大泉町吉田1221
TEL.0276-63-1155 FAX.0276-62-2484
資本金 5,000万円
従業員 120名
主な株主 KⅠホールディングス株式会社
年商 27億円
主要取引先 コイト電工株式会社/天龍工業株式会社/佐藤金属株式会社/株式会社セガ・インタラクティブ/株式会社東桜 

事業内容

当社は、鉄道車両シートメーカーとして鉄道車両シート生産に必要な板金加工品、縫製品および肘掛・背ズリ等の張り加工品を自社にて製作してきました。70余年の歴史のなかで築き上げてきたアルミ・ステンレス・鉄の各種加工及び溶接技術とともに長年手掛けてきた多品種少量生産のノウハウを活かし、お客様のご要望である品質・コスト・納期にお応えしてきました。これからも自社のコアとなる技術を発展させるとともに積極的に他業種への展開を試み、より一層のお客様のご要望にお応えしていくつもりです。
事業内容

組織図

組織図

沿革

西暦 年号 事項
1946 昭和21年 旧中島飛行機(株)の技術員3名が独立し、群馬県邑楽郡大泉町丘山において現在の富士重工(株)の協力工場を発足させ、バス用座席の製作を担当。
1947 22年 1月18日資本金150万円にて正式設立。
1949 24年 太田市高林に本社工場を全面移転。
1955 30年 バスボディ組立及び内部艤装部品を受注。その生産拠点として伊勢崎工場を開設すると共に板金加工事業を開始。
1960 35年 サンウェーブ工業(株)と取引開始。太田工場にて厨房用製品の生産に入る。
1967 42年 養鶏用手押し式配餌車の自社開発に成功し生産体制に入る。
1969 44年 資本金1,600万円に増資。
1970 45年 資本金3,200万円に増資。
1972 47年 コイト電工株式会社(旧小糸工業株式会社)と取引開始。伊勢崎工場にて鉄道用車両シートの生産に入る。
資本金4,800万円に増資。
太田工場を群馬県邑楽郡大泉町の大利根工場団地に移転し本社工場とする。
1975 50年 養鶏事業を丘山商事(株)に移管。
1980 55年 資本金5,300万円に増資。
1997 平成9年 伊勢崎工場を売却し、同本社工場に鉄道車両シート生産を移転し、生産拠点を一本化する。
2002 14年 ISO9001:2000を認証取得。
資本金5,000万円に減資。
2006 18年 KIホールディングス株式会社(旧小糸工業株式会社)の系列子会社となる。
2009 21年 ガトリングプレスセンタを導入。
2010 22年  介護用製品(介護浴槽等)の生産を開始。
2011 23年 ゲーム機用シートの生産を開始。
2015 27年 三次元測定器を導入。

2017年度(72期)品質方針

制定日:2017年4月1日

丘山産業株式会社は、鉄道車両シートの生産を主要事業として行い、顧客要求、法的要求、社会的要求および当社の要求事項に適合する製品を提供し、社会に貢献するために以下の品質方針を定めて事業活動に取組みます。

【方 針】

1、 コンプライアンスの徹底を図ります。

2、顧客ニ−ズの把握に努め、各要求事項に適合した製品を納期通りに製作し、納めることにより顧客満足および信頼に繋げます。

3、改善活動により品質および業務効率の向上、コストダウンを図ることで他社との競争力を高めます。

4、計画的な人材教育により、人における品質向上および仕組みを見直して品質維持を図り、組織力を高めます。

5、方針を具体的に実行するため、品質目標を設定し、その達成のための活動を行い、検証し改善して行きます。

6、方針および関連する諸規定、管理体制の評価、見直しを定期的に行うことで、品質マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。

上記品質方針を当社の全従業員に対して周知徹底を図ると共に、当社の利害関係者が閲覧可能とする。

以上

丘山産業株式会社

代表取締役 原田良一